他の格安sim

OCNモバイルONEとmineoを正直に比較

牛の電話
キャットン
キャットン
OCNモバイルONEとmineo、このどっちかには決めたんだけど、決め手がよくわからないニャ・・・。
ドッグン
ドッグン
どっちもいい格安simだよ。比較するポイントをあげていこうか。

最近CMをバンバンうちまくり、ソフトバンク回線までスタートしてますます波に乗っているmineo。

私もOCNモバイルONEの他にmineoも1回線契約していますが、良い格安simです。

それに対し昔からインターネットサービスプロバイダとして長年通信業界のトップであるOCNモバイルONE。

最初にザックリどっちのほうが良いか書いちゃうと、

OCNモバイルONEとmineoどっちがいいか
  • スマホを新しく買いたい人→OCNモバイルONE
  • 今のスマホのまま乗り換えたい→mineo
    (ただし、OCNモバイルONE独自のサービスに魅力を感じるならOCNモバイルONEも良い)

です。

いきなりこう書かれてもなぜそういう結論になってしまうかわからないと思いますが、この記事を読めばその理由がわかるはずです。

↓が比較チェックポイントです。

mineo公式サイトへ

料金プラン、コースなどで比較

OCNモバイルONEはドコモ回線しかありませんが、mineoはau、ドコモ、ソフトバンク回線のトリプルキャリアに対応しています。

なので回線の選びやすさはmineoの圧勝です。

simロック解除とか対応周波数を調べるのがメンドクサイって人は、mineoにしましょう

mineoの料金プラン、コース

容量シングルタイプ
データ通信のみ
デュアルタイプ
音声通話
au、ドコモソフトバンクauドコモソフトバンク
500MB700円790円1,310円1,400円1,750円
3GB900円990円1,510円1,6001,950円
6GB1,580円1,670円2,190円2,280円2,630円
10GB2,520円2,610円3,130円3,220円3,570円
20GB3,980円4,070円4,590円4,680円5,030円
30GB5,900円5,990円6,510円6,600円6,950円

基本的にソフトバンク回線が一番高く、次にドコモ、auって順ですね。

トリプルキャリアに対応している格安simはmineoくらいでしょうか。

OCNモバイルONEの料金プラン、コース

ドコモ回線のみ

通信容量音声対応SMS対応データ専用
110MB/日1,600円1,020円900円
170MB/日2,080円1,500円1,380円
3GB/月1,800円1,220円1,100円
6GB/月2,150円1,570円1,450円
10GB/月3,000円2,420円2,300円
20GB/月4,850円4,270円4,150円
30GB/月6,750円6,170円6,050円
15GB/月(500kbps)2,500円1,920円1,800円

OCNモバイルONEには、110MB/日と170MB/日という珍しい日割りコースがあります。

文字どおり1日に使えるデータが110MBまで、データ繰り越しできる期限は翌日までというコースです。

「110MB/日コース」を月換算すると、3300MB≒3.3GBになりますが、繰り越し期限の短さから使い勝手としては3GB/月コースよりは劣る感じです。

また、mineoにはないのは15GBのコースですね。
500kbps以下に速度が制限されるかわりに安く大容量使えるというコースです。
YouTubeなどの動画をやや低画質で長時間見たいという方にはピッタリなコースです。

(参考:OCNモバイルONEの料金プランの選び方

少し比較が見にくいので、以下、音声sim同士で比較します。

料金プラン、回線種類でmineoの勝ちか

安いほうを赤文字で表記しています。

容量mineo音声simOCNモバイルONE音声sim
auドコモソフトバンクドコモ
110MB/日なし1,600円
170MB/日なし2,080円
500MB1,310円1,400円1,750円なし
3GB1,510円1,600円1,950円1,800円
6GB2,190円2,280円2,630円2,150円
10GB3,130円3,220円3,570円3,000円
20GB4,590円4,680円5,030円4,850円
30GB6,510円6,600円6,950円6,750円
15GB(500kbps)なし2,500円
3GB以下の料金mineoが安い
6GB以上の料金互角
通信量コースの種類OCNモバイルONEのほうが豊富
回線の種類mineoなら3キャリア対応

①料金

料金で見ると、一番利用者が多い3GBコースが安いmineoのほうがやや優勢かもしれません。

110MBコースならmineoと同じくらいの料金にはなりますが、使い勝手としては3GBコースよりは多少ですが劣ります。

OCNモバイルONEには500MBのコースがないので、全然スマホを使わずほぼ電話専用という方はmineoのほうが良いですね。

6GB以上の容量大きめのコースになるとどっちもどっちの値段になります。

(OCN光の光回線を使っていれば毎月200円割引されるOCN光モバイル割というものがあります。それを利用すれば料金は一部逆転します。参考:OCN光モバイル割で毎月200円割引に!)

②データ通信量コース

OCNモバイルONEには日割りコース、月割りコース、低速大容量コースの3種類の通信量コースがありますから、その豊富さではOCNモバイルONEの勝ちです。

③回線の種類

なるべく手間を減らしたいなら、選べる回線種類の豊富さはmineoに分がありますからmineoです。

ただソフトバンク回線はどれも料金が高いので、抵抗がなければsimロック解除してauかドコモ回線にしたほうが良いでしょうね。

mineo公式サイトへ

通信速度で比較

私はmineoとOCNモバイルONEどちらも契約しているので自分で計測して比較もできるのですが、速度計測はスマホ・地域などで大きく左右されるため、組織的に計測している他サイトからデータを比較してみました。

参考サイト

MVNOの通信速度を一斉調査!格安SIM速度比較ランキング

格安SIM別の通信速度

高速モードで比較

mineoのほうがどの回線でも速いです。

mineoは格安simの平均と比較しても、やや速めな回線速度です。

特にソフトバンク回線は始まったばかりということもあり、利用者がまだ少ないので混雑せず、快適な速度です。
利用者が増えてきたらどうなるか分かりませんが。

OCNモバイルONEは格安simのなかでもやや遅めな回線速度です。

高速通信の速度を求める方はOCNモバイルONEには向いていません

mineo公式サイトへ

低速モードで比較

こちらは自分のスマホで計測してみました。低速モードの速度はあまりスマホの種類・地域などには左右されません。

低速モード(実測)バースト転送のデータ量3日制限など
mineo約200kbps75KBなし
OCNモバイルONE約240kbps150KBなし

どちらも優秀な低速ですが、速度、バースト転送機能の差でややOCNモバイルONEが優勢です。

高速時には微々たる差になりますが、低速時にはほんの少しの速度差で快適度が大きく変わってきます。

バースト転送機能もたった75KBの差ですが、低速モードではその小さな差が大きく響いてきます。

実際、私はmineoとOCNモバイルONEどちらも利用していますが、OCNモバイルONEだと読み込みがスムーズなところでもmineoだとやや引っかかる感じがあり、OCNモバイルONEの低速のほうが優秀だなと感じるときがやはりあります。

参考:OCNモバイルONEの低速モードがどのくらい快適か実際に検証してみた

OCNモバイルONE公式サイトへ

電話を比較

公衆電話する人
電話代かけ放題オプション
mineo10円/30秒10分かけ放題
OCNモバイルONE10円/30秒
  1. 10分かけ放題
  2. トップ3かけ放題
  3. かけ放題ダブル

電話代はどちらも専用のアプリを使えば同じ料金です。

OCNモバイルONEには3つのかけ放題オプションがあり、格安simには珍しい豊富さです。

特にトップ3かけ放題は他の格安simにはなかなかないもので、その月に電話した時間の長かった上位3人との通話料を無料にしてくれるかけ放題です。

10分かけ放題じゃ時間が短すぎる、特定の相手としか電話しないという方にとってはこのためだけにOCNモバイルONEを選んでもいいくらいです。
(参考:OCNモバイルONEの3つのかけ放題について

よく電話をするという方はOCNモバイルONEが良いでしょう。

OCNモバイルONE公式サイトへ

いろんなオプションやサービスで比較

格安simは競争が激しくなり、各社いろいろな独自のオプションやサービスを展開しています。

どうでもいいようなオプションも多いですが、その中でこれはイイネ!と思えるものを厳選して紹介します。

まずmineoから見ていきます。

mineoならではのオプションやサービス

mineoで特徴的なサービスはこの3つです。

  1. パケットギフト
  2. フリータンク
  3. マイネ王

①パケットギフトでデータを有効に使える

パケットギフト

パケットギフトは、自分の余ったデータを家族や友人に渡したり、あるいはもらったりできるサービスです。

よくデータが余るor足りないって場合でも柔軟にデータのやりくりができるようになるので、データが無駄になりにくいのがメリットです。

このパケットギフトを利用して、グレーゾーンではありますが、メルカリやヤフオクなどで1GBあたり150円前後で売買できます。

公式のパケット販売が1GBあたり1620円なので、その差は10倍です。(どこの会社もだいたい1GB1000円前後)

公式でパケットを買うのが馬鹿らしくなりますね。

②フリータンクで毎月1GBただでもらえる?

フリータンク

フリータンクはパケットギフトと少し似ています。
見知らぬ人のためにパケットを寄付したり、あるいは恵んでもらえたりします。

データが足りない時は毎月1GBまで無料で引き出せます

ギブアンドテイクの精神で成り立っているのでもらってばかりではダメですが、500MBのコースにしてフリータンクから毎月1GBもらって実質1.5GBのコースにするということも可能です。

毎月1.5GBというのは、3GBじゃ余るけど500MBだと少ないという方にはかゆいところに手が届く絶妙なラインです。

③マイネ王でmineoユーザーとの交流ができる

マイネ王

マイネ王というmineoユーザーが集まるコミュニティを利用して、分からないことをベテランユーザーに質問したり、掲示板で意見を交わしたりすることができます。

格安simが初めてで不安な人でも、気兼ねなく他のユーザーに聞けて疑問を解決できるのでおすすめです。

1つの質問に対して色んな人の、実際にmineoを使っている人からの回答を聞けるので、公式のサポートでは聞けない生の声や、ここだけの話的なことも聞けます。

mineo公式サイトへ

OCNモバイルONEならではのオプションやサービス

OCNモバイルONE独自のサービスはこの2つです。

  1. MUSICカウントフリー
  2. 全国86000ヶ所以上の無料Wi-Fiスポット

①MUSICカウントフリーで音楽聴き放題

いろんなサービス

↑対象となっている音楽アプリサービスでの通信では、データを消費しないというサービスです。

仮に毎日1時間音楽を聞いている方なら、毎月約4GBのデータを節約できます。

追記:2018年12月よりLINE MUSICもフリーの対象になりました。

参考:MUSICカウントフリーについて解説

②無料Wi-Fiスポットで街中で高速通信&データ節約

OCNモバイルONEのWi-Fiスポット

駅・コンビニ・レストランなど様々なところにある無料Wi-Fiスポットを利用できるようになります。

これを利用して、データ量が多いアプリのダウンロードやアップデートだったり、長い待ち時間の間に通信量を気にすることなく動画を楽しんだりできます。

参考:ふつうの無料Wi-Fiとどう違う?OCNモバイルONEのWi-Fiスポットについて解説

データやりくりの柔軟さならmineo、音楽やWi-Fiスポットを重視するならOCNモバイルONE

mineoはパケットギフトやフリータンクなどデータのやりくりが柔軟にできるようになっています。

あと1GBあったら足りるのになあという場面でも、わざわざ公式から高いお金を払ってデータを買う必要もなく、パケットギフトやフリータンクを利用すればOKです。

細かい作業が増えるので、そういうのが好きな人にならmineoは楽しいと思います。

対して、OCNモバイルONEはデータのやりくりに関して柔軟ではありませんが、MUSICカウントフリーや無料Wi-Fiスポットなどでデータ通信を節約できるようになっています。

音楽をよく聞いたり、街中でスマホを長時間使うケースが多い方はOCNモバイルONEに分があります。

ただ、音楽アプリやWi-Fiスポットに関しては、使わない人は全然使わないと思うので、当てはまらない方はmineoのほうが便利だなと感じます。

mineo公式サイトへ
OCNモバイルONE公式サイトへ

セット端末で比較

mineoセット端末 mineoセット端末2

↑がmineoのセット端末の種類です。

OCNモバイルONEセット端末種類

↑がOCNモバイルONEのスマホセットの種類です。

セット端末(スマホ購入+契約がセット)においては、格安sim界ではOCNモバイルONEが最強の安さです。

まあ、OCNモバイルONEのスマホセットは機種が少ないのがデメリットですね。
ミドルスペックのスマホの選択肢が少ないです。

しかし、種類の少なさなんて関係ないぐらいOCNモバイルONEのスマホセットのほうが安いので、機種にこだわりがない場合OCNモバイルONEのほうが良いですね。

OCNモバイルONE公式サイトへ

最低利用期間などの縛りを比較

データ系simはどちらも最低利用期間、違約金などの縛りはありません

音声simについての比較は以下の表でご覧ください。

最低利用期間違約金MNP
転出手数料
mineoなしなし利用開始の翌月から12ヶ月以内
11,500円
13ヶ月目~
2,000円
OCNモバイルONE6ヶ月8000円3000円

どちらも格安simの中ではトップクラスに縛りが緩いです。

どの格安simもだいたい1年間の最低利用期間を定めていることが多いのですが、mineoは最低利用期間なし、OCNモバイルONEも6ヶ月とかなり短いです。
(6ヶ月以降ならいつ解約しても違約金は発生しなくなります)

mineoは一応、利用から12ヶ月以内のMNP転出には11500円と、実質12ヶ月の縛りのようなものがあることには注意してください。
MNPしない解約、つまりただ解約するだけなら縛りはありません。

  • MNP転出しない場合→mineoのほうが緩い
  • MNP転出する場合→OCNモバイルONEのほうが緩い

運営会社の信頼度で比較

格安simは競争が激しく、倒産などでサービスが利用できなくなるという危険性があります。

また、参入障壁が低いため、今まで通信会社ではなかった、ふつうの会社も参入するジャンルになっています。(イオンモバイルとかね・・・)

餅は餅屋と言うように、まったく別のジャンルの会社が携帯回線を提供していても「ちゃんと使えるのか?サービスはきちんとしているのか?」と正直不安になります。

自分が常日ごろ使うものぐらい安心して使いたいですよね。

そこで運営会社に信頼がおけるかを比較項目に入れてみました。

mineoはケイ・オプティコムという、関西電力系列の会社が運営しています。

ケイ・オプティコムという名前はあまり馴染みがないかもしれませんが、とても大きな会社です。

ケイ・オプティコム
資本金330億円
売上高2,111億円(2018年3月期、単独)
従業員数1,463名(2018年4月1日現在)

Wikipedia:ケイ・オプティコムより

eo光という光回線サービスも提供しているので、通信会社としてきちんと信頼が置けると言えます。

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが運営しています。

NTTコミュニケーションズ
資本金2,117億円(2012年3月31日現在)
売上高1兆2,634億円(2014年度)
営業利益1,198億円(2014年度)
純利益583億円(2011年度)
従業員数11,850人(2014年12月31日現在)

Wikipedia:NTTコミュニケーションズより

NTTといえば日本では最大手・最古参といってもいいぐらいの通信会社です。

どちらの格安simも信頼できますが、倒産などで潰れる心配が少ないので、OCNモバイルONEのほうが安心してサービスが使えると思います。

運営会社信頼度
mineoケイ・オプティコム(関西電力系列)
OCNモバイルONEOCN(NTTグループ)

OCNモバイルONE公式サイトへ

まとめ:mineoのメリット・デメリット mineoがオススメな人

mineo(マイネオ)
  1. 3GB以下の月額料金が安い
  2. au、ドコモ、ソフトバンクに対応していてsimロック解除などめんどうなことをしなくていい
  3. 通信速度が格安simの中では速め
  4. パケットギフト、フリータンクなどパケット通信料のやりくりが柔軟にできる
  5. 最低利用期間などの縛りが緩い(MNP転出しない場合)
  1. ソフトバンク回線は月額料金が高い
  2. かけ放題の種類が少ない
  3. MNP転出する場合、実質1年間の縛り
  4. セット端末があまり安くならない

カンタンに言ってしまうと、今のスマホのまま乗り換えたいならmineoのほうが良いよ!ってことになります。

mineoならau・ソフトバンク回線があり、回線速度も速く、フリータンク・パケットギフトなどでデータのやりくりが凄く便利、大多数の人にとっていろんな面でmineoのほうがメリットが多いです。

特にフリータンクやパケットギフトは、かゆいところに手が届き、ユーザーのことをよく考えているサービスだなあと使っていて感じるので、ぜひ他の格安simも真似してほしいなあと思うぐらいです。

mineo特有のデメリットも、ソフトバンク回線が割高なぐらいで、目立ったものはありません。

mineo公式サイトへ

まとめ:OCNモバイルONEのメリット・デメリット OCNモバイルONEがオススメな人

OCNモバイルONE
  1. 日割りコース、低速大容量コースがある
  2. 低速モードがmineoより優秀
  3. トップ3かけ放題など、かけ放題の種類が豊富
  4. MUSICカウントフリーがあり、音楽聴き放題
  5. Wi-Fiスポットで街中のスマホ利用が快適に
  6. セット端末(らくらくセット)が激安
  7. 音声simの縛りが6ヶ月と短い
  1. 3GBコースの料金が高い
  2. 1GB以下などの小さい容量のコースがない
  3. 回線の種類が少ない
  4. 通信速度が格安simのなかでもやや遅い
  5. スマホそのままで乗り換える時などのキャンペーンが少ない

OCNモバイルONEがオススメになるかどうかは、ザックリ言ってしまうとスマホを新しく買いたいかどうか次第です。

スマホを新しく買いたいならOCNモバイルONE一択です。

が、そうでない場合。今のスマホのまま乗り換えたいという場合は、以下の4つのポイントに魅力を感じるかで決めましょう。

  1. 日割り・低速大容量コースを使いたい
  2. トップ3かけ放題orかけ放題ダブルを使いたい
  3. 音楽を聴きまくりたい
  4. 無料Wi-Fiスポットを使いまくりたい

この4点はmineoにはないメリットです。

逆に言えばこの4点に魅力を感じないなら、mineoのほうが絶対良いのでそっちにしましょう。

OCNモバイルONE公式サイトへ

OCNモバイルONEとmineo比較まとめ

OCNモバイルONEとmineoどっちがいいか
  • スマホを新しく買いたい人→OCNモバイルONE
  • 今のスマホのまま乗り換えたい→mineo
    (ただし、OCNモバイルONE独自のサービスに魅力を感じるならOCNモバイルONEも良い)

どっちもとても良い格安simなので、非常に悩ましいです。

もうどっちが良いかよくわからないという場合は、↑の基準で選んでみてください。

OCNモバイルONEのスマホセットセール情報はこちら
OCNモバイルONEキャンペーン・セール情報

mineo公式サイトへ

「業界最安」クラスのスマホセット



OCNモバイルONEのスマホセットは他社よりも2~3万円ほど安いです。
値引率が大きすぎるため、端末のみ買うより安上がりなことも・・・。

「初めての格安SIMへの乗り換えが不安・・・」という人も、絶対に失敗せずカンタンに格安SIMに乗り換えられます

この機会に、1,000円以下で手に入るサクサク動く最新スマホに買い替えてみてはいかがでしょうか。>>OCNモバイルONE公式サイト