Androidレビュー

moto g7 plusのスペックからメリット・デメリットを徹底レビュー!評判・口コミも紹介

moto g7 plus

低価格でミドルスペックのmoto g7 plusが2019年5月から販売されています。

キャットン
キャットン
moto g7 plus買おうか迷ってるけど、買いかニャ?
ドッグン
ドッグン
g7から順当にスペックアップしていて、予算+8000円できるならg7 plusがおすすめだよ!

この記事では、moto g7 plusを買うか迷ってる人のために、以下のことを解説していきます。

  • moto g7 plusのスペック
  • moto g7 plusのメリット・デメリット
  • moto g7 plusがおすすめな人は?
  • moto g7 plusの口コミ評判
  • moto g7 plusをなるべく安く購入する方法

 

moto g7 plusを買う前にぜひ参考にしていってくださいね!

はじめに総評:moto g7 plusは後悔なしのコスパ良いスマホ!

キャットン
キャットン
ぶっちゃけ、moto g7 plusって良いスマホかニャ?
ドッグン
ドッグン
3万円台中盤のスマホとしては、癖がなくて万人受けするコスパ良いスマホだと思うよ!

moto g7 plusは定価37,000円と低価格でありながら、必要なスペックはしっかり備えていて、デメリットらしいデメリットがないスマホです。

激安スマホとは言えない価格ですが、スペックとして無駄がなく買って後悔しないスマホと言えるでしょう。

moto g7 plus ディープインディゴ PADU0003JP
created by Rinker
¥28,800
(2020/09/21 14:26:53時点 楽天市場調べ-詳細)

これからmoto g7 plusの詳細を解説していきますので、ぜひ参考にしていってください。

まずスペックから見ていきましょう。

moto g7 plusのスペックをレビュー

※表は横スクロールできます

項目仕様備考・説明など
カラービバレッド/ディープインディゴ
OSAndroid9.0
CPUSnapdragon 636処理性能の良さ
RAM4GB大きいほど
動作がサクサク
ROM64GB画像・動画などの
保存容量のこと
画面サイズ6.24インチやや大きめ
画面解像度2,270×1,080ドットフルHD+
バッテリー容量3,000mAh
カメラ画素数約1,600万画素
+ 約800万画素
デュアルレンズ
本体重量172g中くらいの重さ
おサイフケータイなしPay Pay、LINE Pay
などは利用可能
ロック解除指紋認証/顔認証
参考価格(定価)35,000円OCNなら14,800円

Motorolaが低価格、ミドルスペックスマホとして発売したのがこのg7 plusです。

g7シリーズは3種類あり、g7 plusはその中でも一番高いスペックに位置しています。

g7 plus(ハイスペック)>g7>g7 plus(低スペック)

g7 plusはg7よりも8,000円高くなっていますが、順当にスペックアップしています。

背面指紋認証/顔認証機能もあり、セキュリティ面と使いやすさを両立させています。

また、画面の大きさが6.24インチと最近のスマホの中でもやや大きめサイズです。スマホで動画を楽しみたい人には良い大きさです。

g7 plusとg7のスペックを比較

g7 plusとg7のスペックが近いので、どの点が同じでどの点が違うのか、表にまとめました。

かなり大きな差があるわけではなく、いろんな点で少しだけg7 plusが上のスペックという感じになっています。

※表は横スクロールできます。勝っている点を赤文字表記しています。

項目g7 plusg7
カラービバレッド
ディープインディゴ
セラミックブラック
クリアホワイト
OSAndroid9.0Android9.0
CPUSnapdragon 636Snapdragon 632
RAM4GB4GB
ROM64GB64GB
画面サイズ6.24インチ6.24インチ
画面解像度2,270×1,080ドット2,270×1,080ドット
バッテリー容量3,000mAh3,000mAh
カメラ画素数約1,600万
+ 約800万画素
約1,200万
+ 約800万画素
本体重量172g174g
おサイフケータイなしなし
ロック解除指紋認証/顔認証指紋認証/顔認証
Wi-FiIEEE 802.11
a/b/g/n/ac
IEEE 802.11
a/b/g/n
Bluetooth5.04.2
スピーカーステレオスピーカーモノラルスピーカー
参考価格(定価)35,000円27,200円

g7 plusが買っている点で重要なところに絞ると、以下の2点かなと思います。

  • CPUが10%ほど性能を上回る
  • ステレオスピーカーであること

他の点は体感ではなかなか分かりにくいですが、この2つは分かりやすいです。

CPU(スマホを動かす処理能力)が高いとあらゆる操作がキビキビと動きます。結果、快適な操作感につながります。

また、スマホでイヤホンを使わずに動画や音楽を楽しむ場合、ステレオとモノラルでは全然迫力や臨場感が違います。

上記2点が気になる人は、たとえ8,000円多く払ってもそれに見合ったリターンはあるでしょう。

moto g7 plusのメリット4つ

  • 画面サイズが6.24インチと大きいのに172gと軽め
  • 価格が3万円台中盤と安い
  • ステレオスピーカーで動画や音楽の臨場感が増す
  • DSDS対応+SDカードスロットのトリプルスロット対応
  • アメリカ主導開発のスマホなので安心

それぞれ詳しく見ていきましょう。

画面サイズが6.24インチと大きいのに172gと軽め

画面サイズが6.24インチなので結構大きいです。You Tubeなどの動画も見やすいですし、文字も大きくなって読みやすいです。

ドッグン
ドッグン
2020年1月に発売されているスマホだと、最大じゃないけど大きめなサイズのほうだね。
画面サイズ重さ
iPhone 11 Pro Max6.5インチ226g
g7 plus6.24インチ172g
iPhone 116.1インチ194g
sense3 plus SH-M116.0インチ175g

今のスマホはiPhone 11 Pro Maxの6.5インチが最大クラス。6.24インチはそれに近いサイズですね。

大体平均して6.0インチぐらいが今のスマホの平均サイズですから、moto g7 plusは少し大きめです。

また、大きめのサイズながらも重さは172gと割と軽めです。上の表に挙げた人気スマホ4機種の中でも、サイズは2番目に大きいのに1番軽いです。

キャットン
キャットン
長時間持つこともあるスマホだからこそ、軽いのは腕が疲れなくて便利だニャ

価格が3万円台中盤と安い

機種名価格
iPhone 11 Pro Max119,800円
g7 plus35,000円
sense3 SH-M1234,980円
HUAWEI P30 lite24,800円

超ハイエンドスマホであるiPhone 11 Pro Maxは約120,000円。g7 plusはその約1/4の値段で購入できます。

キャットン
キャットン
最近のiPhoneは高すぎるから、手を出しにくいニャ。でも、スマホをヘビーに使うわけじゃないからg7 plusの手頃な値段はとてもグッドニャ。

ただし3万円台のスマホにはライバルも多いです。値段で比較するとシャープのsense3 SH-M12あたりも候補でしょうか。

ステレオスピーカーで動画や音楽の臨場感が増す

スマホってスピーカーが上下のどちらかにしかついていないモノラルスピーカーが案外多いです。

しかしg7 plusはステレオスピーカーなので、動画や音楽の音の臨場感がモノラルより断然良いです。

キャットン
キャットン
Amazonプライムビデオを布団の中で寝っ転がりながら楽しみたいから、ステレオスピーカーはありがたいニャ!

DSDS対応+SDカードスロットのトリプルスロット対応

ドッグン
ドッグン
SIMカードを2枚挿して使う気がない人はここは読み飛ばしていいよ!

moto g7 plusはDSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)対応です。2枚のSIMカードを挿入し、同時待ち受け可能です。

これにより、仕事とプライベート用に2台スマホを持つ必要がなく、g7の1台だけでやりくりできます

ただし、4G+3Gでしか通信できないので注意してください。

またもう1つのメリットとして、2枚SIM挿しながらMicro SDカードが挿せる排他仕様です。

キャットン
キャットン
これでSDカードを追加して、容量気にせず画像や動画を保存しまくれるニャ

アメリカ主導開発のスマホなので安心

キャットン
キャットン
アメリカ主導開発のスマホであるって、何が良いニャ?
ドッグン
ドッグン
今中国とアメリカが貿易戦争していて、もし関係が悪化したら中国産のスマホはGoogleのサービスが使えなくなるかもしれないんだ。

実際、2019年には中国スマホメーカーHUAWEIに対し、Googleのサービスを使えなくするよう、アメリカ政府はGoogleに要請しました。(実際には制裁は下りませんでしたが)

ドッグン
ドッグン
アメリカ主導開発のMotorolaのg7 plusはGoogleのサービスが使えなくなるリスクがない。だから、他の中国スマホよりも安心なんだよ。

正式にはMotorolaは現在中国のパソコン会社レノボの子会社です。

しかし、元々Motorolaはアメリカの会社でした。現在もMotorola本社はアメリカのイリノイ州にあり、開発はアメリカで行われています。

アメリカ政府がアメリカにあるMotorolaにまで制裁を加える、とは考えにくいです。

現在のスマホ業界は中国スマホばかりですから、g7 plusが「純中国産」のスマホでないことは無視できないメリットになると言えます。

moto g7 plus ディープインディゴ PADU0003JP
created by Rinker
¥28,800
(2020/09/21 14:26:53時点 楽天市場調べ-詳細)

moto g7 plusのデメリット4つ

  • バッテリーが3,000mAhと少ない
  • おサイフケータイ機能がない
  • 防水・防塵機能がない
  • 通知LEDがない

目立ったデメリットはないですが、しっかり確認していきましょう。

バッテリーが3,000mAhと少ない

2020年の今では、3万円台後半のスマホなら3500mAhのバッテリー容量はあるので、moto g7 plusの3,000mAhは少しもの足りないかなという印象です。

また、g7 plusがg7に唯一負けている点として、バッテリー持ちが少し悪いことが挙げられます。

バッテリー容量は同じ3,000mAhですが、CPU性能がg7 plusの方が高い分パワーを必要とするからです。

ドッグン
ドッグン
とはいえ、3,000mAhあれば、重いゲームでもしなければ1日は余裕で持つ電池持ちなんだけどね

おサイフケータイ機能がない

使わない人にとってはどうでもいいですが、moto g7 plusにはおサイフケータイ機能がついていません。

おサイフケータイ機能がないことにより、できないのは以下の決済です。

  • QUICPay
  • iD
  • モバイルSuica
キャットン
キャットン
Pay Payも使えないのかニャ?
ドッグン
ドッグン
moto g7 plusでもPay PayやLINE Pay、楽天ペイなどのQR(バーコード)決済は使えるから安心して大丈夫だよ!

防水・防塵機能がない

moto g7 plusには防水・防塵機能が一切ありません。お風呂の中で使うことはできないので注意してください。

通知LEDがない

小さいデメリットではありますが、moto g7 plusには通知を知らせるLED(通知ランプ)がありません。

スマホをいじっていない時に通知を確認するのは少し不便です。

ドッグン
ドッグン
通知を確認するにはバイブや音などに頼る必要があるね

moto g7 plusはこんな人にオススメ

以上のメリット・デメリットから考えると、以下を満たす人がmoto g7 plusに向いていると言えます。

moto g7 plusがオススメな人
  • 安いスマホで十分な人
  • DSDS+SDカードのトリプルスロットが必要な人
  • ステレオスピーカーが必要な人
  • 電池持ちをあまり気にしない人
  • おサイフ、防水・防塵機能がいらない人
  • 中国産スマホが嫌な人

g7と比べて、決定的な差はスピーカーの部分です。また、他のスペックも少しg7 plusが上です。

8,000円頑張って余計に出した方が「やっぱりg7じゃなくてg7 plusにしとけば良かった・・・」と後悔せずにすみます。

スマホは2年間ぐらい毎日使うものですから、予算に余裕があればg7 plusをおすすめします。

moto g7 plus ディープインディゴ PADU0003JP
created by Rinker
¥28,800
(2020/09/21 14:26:53時点 楽天市場調べ-詳細)

moto g7 plusの評判・口コミ

Twitterでのmoto g7 plusの評判・口コミをご紹介します。

カメラ性能が意外に良い、液晶がきれいという評判が多かったです。

moto g7 plusをなるべく安く購入する方法

moto g7 plusは以下から購入できます。

  • Motorola公式サイト
  • Amazonや楽天などのネットショップ
  • 家電量販店
  • 格安SIMとの契約セット購入

 

購入場所価格
Motorola公式サイト42,680円
Amazonや楽天37,000円
家電量販店42,680円(ポイント付き)
格安SIMとの契約セット購入
例:OCNモバイルONE
14,800円(セール中)

音声SIM契約とのセットという条件もありますが、OCNモバイルONEのスマホセットなら約20,000円以上安くmoto g7 plusを購入することができます

ここまで安くmoto g7 plusを購入できる店舗は他にありません。

OCNモバイルONEのスマホセットなら14,800円以下で買える

スマホ購入+音声SIM契約必須で、定価よりも大幅値引きされるのがOCNモバイルONEのスマホセットです。

OCNモバイルONEは、格安SIMの中でも一番安くスマホを販売していることで有名です。

月のスマホ代が1,200円~からとかなり安く現在キャリアで5,000円以上の高額なスマホ代を払ってしまっている人はこの機会に乗り換えを検討してみるのがいいでしょう。

月額料金はこちら↓

1GB1,180円
3GB1,480円
6GB1,980円
10GB2,880円
20GB4,400円
30GB5,980円

詳しい契約内容などはOCNモバイルONEのスマホセット契約内容を丁寧に解説の記事で確認してください。

OCNモバイル公式サイト

音声SIM契約が嫌な場合Amazon・楽天・ペイペイモールがおすすめ

今の携帯会社を変えたくなかったり、契約がめんどくさいといった人にはAmazon・楽天・ペイペイモール(旧ヤフーショッピング)がおすすめです。

家電量販店やMotorola公式サイトではほぼ定価での販売で、少し高い感が否めません。

Amazon・楽天・ペイペイモールなら最初から定価より5~6,000円安く販売していますし、ポイントもつきます。

moto g7 plus ディープインディゴ PADU0003JP
created by Rinker
¥28,800
(2020/09/21 14:26:53時点 楽天市場調べ-詳細)

ドッグン
ドッグン
スマホ購入と同時に、フィルムやケースも合わせて買っておけば、スマホを裸で汚す期間がなくなるから便利だよ
moto g7 plus ケース
created by Rinker
¥1,390
(2020/09/21 14:26:53時点 楽天市場調べ-詳細)

moto g7 plus フィルム
created by Rinker
¥1,090
(2020/09/20 23:37:51時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ:moto g7 plusはg7よりも買って後悔しないスマホ!

以上、「moto g7 plusのスペックを徹底レビュー!」でした。

まとめるとこんな感じです。

moto g7 plusがオススメな人
  • 安いスマホで十分な人
  • DSDS+SDカードのトリプルスロットが必要な人
  • ステレオスピーカーが必要な人
  • 電池持ちを気にしない人
  • おサイフ、防水・防塵機能がいらない人
  • 中国産スマホが嫌な人
予算+8,000円できるならg7 plusがおすすめ!
moto g7 plus ディープインディゴ PADU0003JP
created by Rinker
¥28,800
(2020/09/21 14:26:53時点 楽天市場調べ-詳細)

moto g7 plusと近い価格帯の、P30 liteやsense3 SH-M12が気になった人は以下の記事もチェックしてみてください。

準備中

以下の記事でOCNモバイルONEのキャンペーン・セール情報もチェックしてみてください。

OCNモバイルONEのキャンペーン・セール情報

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です