スマホセット

OCNモバイルONEのらくらくセットを即解約した時の実質代金を計算 でも即解約はやめておこう

確定申告

OCNモバイルONEのらくらくセット(現在はスマホセットの名称)ってめちゃめちゃ安いですよね。

中には契約はいらないから端末だけ欲しいっていう方もけっこういるのではないかと思います。

そこでこの記事はらくらくセットを即解約したらどのくらい費用が別途かかってくるのか、その時のスマホ実質代金を計算します。

OCNモバイルONEのスマホセットは、あくまで新規契約者を増やすために安売りをしています。端末目的で即解約という行為を当サイトは推奨しません。

らくらくセット契約内容のポイント

音声sim契約が条件になっているので、データsim、SMS対応データsimに変更することもできません。

音声simの料金はこちら↓

110MB/日1600円(税抜)
170MB/日2080円
3GB/月1800円
6GB/月2150円
10GB/月3000円
20GB/月4850円
30GB/月6850円
15GB/月(500kbps制限)2500円※このコースは終了しました

OCNモバイルONEの場合、ふつう最初の月は月額料金が無料になっているのですが、最初の月に解約した場合は月額料金が発生します。

なので即解約する場合でも、110MB/日のコースを選んだとして1728円(税込)は最低でもかかります。

また、最低利用期間が6ヶ月となっており、それ以下の期間で解約する場合8000円(不課税)の違約金を払わないといけません。

らくらくセットを即解約した時の総額は13395円

貧困女子

スマホ代以外にかかる費用は↓のとおりです。(すべて税込み)

  • 違約金(不課税)8000円
  • 初月の月額利用料金1730円
  • 契約事務手数料3240円
  • simカード手配料425円

 

合計13395円

即解約なら違約金8,000円が発生します。

また、通常なら無料になる初月の月額料金も発生します。
OCNモバイルONEの最低月額料金は、110MB/日のコースの1728円(税込)。

それに加え、ユニバーサルサービス料が2円で、合計1730円。

契約事務手数料の3240円とsimカード手配料425円は、即解約しようがふつうに契約を続けようが、どっちにしてもかかる料金です。

ちなみに送料は無料です。

なのでスマホ代以外でかかる費用は合計13395円という計算になります。
端末代金+13,395円=スマホの実質代金ということですね。

OCNモバイルONE 公式サイト

契約を6ヶ月維持した時の総額は14045円

電卓持ってるおっさん

実は即解約と6ヶ月利用の総額料金はそこまで変わりません。

6ヶ月利用した場合の総額料金

  • 契約事務手数料3240円
  • simカード手配料425円
  • 月額料金1730円×6ヶ月=10380円

 

合計14045円
(電話しない前提)

即解約の場合の13395円と比べると、なんと650円しか差がありません。

650円払うだけで6ヶ月110MB/日のデータ通信ができると考えることもできます。

破格の料金ですね。

解約時期スマホ代以外の料金メリット
即解約13395円650円安い
6ヶ月利用14045円6ヶ月間110MB/日のsimが使える

ちなみに、OCNモバイルONEの初月無料があるから月額料金は5ヶ月分じゃないか?と思った方もいるんじゃないでしょうか。

しかし、違約金は6ヶ月以内に解約した場合に発生するものなので、7ヶ月目以降に解約しないと違約金は回避できません

なので、2,3,4,5,6,7ヶ月目の料金が必要になり、合計として結局6ヶ月分の月額料金がかかってきます。

OCNモバイルONEでは解約月に関して日割り計算はないので、特別な理由がなければ7ヶ月目の月末に解約という形になるでしょう。

具体的にいつ解約したら違約金かからないの?と疑問の方はOCNモバイルONEの最低利用期間についての記事をご覧ください。

OCNモバイルONE 公式サイト

端末目的での即解約はやめよう

手のひらを見せる男

OCNモバイルONEのスマホセットの安さはあくまで新規契約者を増やすためのものです。ただ安いわけではなく、契約を続けてもらって商売が成り立っているということをお忘れなく。

端末目的のためだけにスマホセットを購入即解約するのはやめておきましょう。

過去にOCNの入退会を繰り返す等転売目的のおそれがある場合や、取引実績その他総合的な与信判断の観点から、注文をお断りする場合や注文確定後にキャンセルさせていただく場合があります。

OCN モバイル ONEで申し込みをしようとすると、このような注意書きがあります。

転売目的がアウトなのは当然として、即解約する行為が転売目的と捉えられてもおかしくありません。

もしかすると、ペナルティを食らったあとはOCN系列のサービスが利用できなくなったりするかもしれません。

即解約でのブラックリスト入り報告あり【2019年2月追記】

過去に即解約した人がOCNモバイルONEのスマホセット購入を断られるブラックリストに入れられたとの口コミを見かけるようになりました。

以前は即解約にも寛容だったようですが、今は厳しくなっています。(というかそれが当たり前)
今回だけ購入を拒否というわけではなく、今後2度とOCNモバイルONEを利用できなくなる永久拒否のようです。

OCNモバイルONE 公式サイト

6ヶ月維持後の解約はブラックリスト入りするか?

端末目的での即解約がブラックリスト入りするなら、6ヶ月間だけ契約したあとに解約(つまり最低利用期間経過後に即解約)した人も端末目的と思われてブラックリストに入ってしまうのでは?と疑問に思う方もいるかも知れません。

しかし、このパターンのブラックリスト入り報告は探しましたがありませんでした。

実際、私も2018年3月にhonor9というスマホをスマホセットで購入し、即解約はせず、9月にOCNモバイルONEを解約。
その後10月、11月、翌年2月に合計3回スマホセットを購入しましたが、何も問題なく契約できました。(即解約は一度もしてません。回線は維持してます。)

即解約した人のブラックリスト入りの報告が出始めた後の2月でも購入できたので、6ヶ月維持の解約ならブラックリスト入りはないということでしょう。

まあ、6ヶ月維持後の解約は規約違反ではないのにブラックリスト入りしたらおかしいので、当たり前なんですけどね。

まとめ:端末目的でのセット購入は安いにしてもオススメしません

OCNモバイルONEのスマホセットは、契約の料金含めてもどこかのショップで端末だけ買うより確かに安くスマホが手に入ります。

しかし、あくまで契約のための安売りなので悪用しないようにしましょう。

もちろん、普通に回線も利用したいからスマホセットを購入するというのは問題ないでしょう。

気に入ったらメインの回線をOCNモバイルONEに乗り換えて契約を延長しちゃってもいいでしょうし、気に入らなかったら6ヶ月で解約というのも消費者の自由ですし、規約違反にはなりません。

スマホセットが気になったらOCNモバイルONEキャンペーン・セール情報もチェックしましょう。

オッケーする女性
「公式じゃ載ってない」OCNモバイルONEキャンペーン・セール情報【5月最新】公式や他サイトには載っていない、OCNモバイルONEキャンペーン・セールの裏情報について解説しています。安いからと言ってうかつに契約してしまうと、キャンペーンには落とし穴があったりします。契約後に後悔しないために、是非チェックしてみてください。...
「業界最安」クラスのスマホセット

OCNモバイルONE/OCN光OCNモバイルONEのスマホセットは他社よりも2~3万円ほど安いです。
値引率が大きすぎるため、端末のみ買うより安上がりなことも・・・。

初めての難しい格安SIMへの乗り換えも、10分程度で終わり絶対に失敗することもありません。

この機会に最新でサクサク動くスマホに買い替えてみてはいかがでしょうか。>>OCNモバイルONEに公式サイト